矯正以外で検討したい審美治療

矯正以外で検討したい審美治療

歯

全部まとめて審美歯科という

矯正やホワイトニングや歯の補綴など全部含めて審美歯科というくくりをすることがあります。審美歯科とはその名の通り、見た目を美しくする治療のことです。矯正治療やインプラント治療以外にもいくつかの審美治療がありますので、どんなものがあるのか知りましょう。

まずはクリーニングからはじめよう

現在しっかりと歯がそろっており、歯並びもよく矯正などが必要ない場合でも審美歯科部門でクリーニングを受けることができます。ただクリーニングするだけでなく、まずはしっかり歯の状態をみて最適なクリーニング方法を検討します。具体的なクリーニングは3段階で進められることが多いです。最初にスケーリング、スケーラーを使って歯の表面の歯石を取っていきます。次はルートプレーニングです。キュレットという道具を使います。キュレットは歯茎と歯の間の汚れを綺麗にとってくれます。最後は研磨作業です。歯の表面を磨き滑らかにします。

さまざまな歯の素材

欠けてしまった歯や、失った歯を人工物で補うという治療方法はかなり昔からありましたが、素材に関しては日々進化しています。現在では本物の歯とほとんど見分けがつかないような素材もたくさんありますので、興味がある方のために、どのような素材や治療があるのか紹介したいと思います。審美治療を受ける前に、人工の歯に関して幅広い選択肢があることを知っておきましょう。

歯の素材や審美治療にはどんなものがあるか知ろう

ジルコニアクラウン

現在使われている人工の歯の中で最高級の部類に入るのがジルコニアクラウンです。人工のダイヤモンドの材料として使われることもあり、硬度は非常に高いです。硬度や耐久性といった面では一番でしょう。加えて、自然な透明感があり、本物の歯と比べてもほとんど違いが分かりません。美しさや耐久性という面で秀でているこのジルコニアクラウンですが、最高級とあって費用がかなりかかってしまうのが難点です。銀座駅周辺にもジルコニアクラウンを取り扱っているクリニックがありますので、相談してみましょう。

エンプレスマックス

最近使われている素材の中で一番ポピュラーな素材といえるのがエンプレスマックスです。エンプレスマックスもジルコニアクラウンには多少劣りますが、自然な輝きを持っています。費用を抑えながら、本物の歯と見分けがつかないようにしたいという方に向いている素材といえるでしょう。ちなみに略してイーマックスと呼ぶこともあります。

メタルボンド

メタルボンドは歯の部分はセラミック、内側は金属という素材でできている人工歯です。奥歯など、歯を白くしたいという方には向いています。しかし、かなり白いので、取り付ける部分によっては結構目立ってしまいます。そして、金属部分があるので、金属アレルギーなどがある方は選べない治療になります。

ラミネートベニア

ラミネートベニアは審美治療のひとつですが、歯全体を差し替えるという方法でなく、歯の表面を削って上からセラミック製の薄い板をくっつけるという治療になります。歯が一部分だけ離れているすきっ歯をなんとかしたいという方や、自分の歯はそのままに白い歯を手に入れたいという人に向いています。くっつけたセラミックは剥がれないのかと思うかもしれませんが、専用の特殊な接着剤を使うので、剥がれる心配はほとんどないです。